【SF好きは読まなきゃ損!】 タイムマシンのつくり方 広瀬正【傑作SF短編集!】

   


本作は30年以上前に出版された広瀬正さんのSF短編集である。
 
広瀬さん本人は40年以上前に亡くなっている。
 
ちなみに広瀬さんは「鏡の国のアリス」で星雲賞を受賞していて、「マイナス・ゼロ」で直木賞候補になっていた。
 
本作「タイムマシンの作り方」は私が生まれる10年以上前に書かれたものなのに、とても楽しんで読むことができた。
 
 
 
 

SF好きは必見!

本作はタイトルからも想像できるように、時間に関するSFが中心である。
 
タイムパラドックスやタイムマシンの可否、パラレルワールドなど様々な角度から切り込まれていてとても面白い。
 
時間以外のSF作品もあり、それらも面白い。昔の作品にも関わらず古臭さは全く感じなかった。
 
時代を超えて面白いと感じられる作品はうごいと思う。
 
 
 

短編なので、手軽に読める

ページ数自体は350ページ以上あるが、1つの作品につき長いものは60ページ、短いものは2、3ページなので読むときのハードルがとても低い。
 
1冊になんと24作もの作品が詰まっているのでお得感が強い。
 
昔の作品なんて…と尻込みしてしまう人もこの作品なら大丈夫だと思う。
 
 

私が好きな話3作はこれ!

人によって好みは分かれると思うが、24作中私が好きなのは「ザ・タイムマシン」「化石の街」「記憶消失薬」の3つだ。
 
「ザ・タイムマシン」は時間旅行の可否を論じるとても深い内容だった。
 
「化石の街」は異次元もので、計算と想像が楽しい一方ぞっとしてしまう。
 
「記憶消失薬」はどちらかというとコメディーだ。オチが好き。
 
 
 

最後に

私あこの作品を読んで、時間もののSFの面白さを改めて知った。
 
SFは大好きなので、広瀬さんの別の作品も是非読んでみたい。
 
 

タイムマシンのつくり方 (集英社文庫)

 

 - 読書感想