【映画 時代劇】「信長協奏曲(コンチェルト)」信長の歴史を面白くアレンジ

      2016/04/10


先週、映画館で「信長協奏曲」を見てきた。最初から最後までとても面白く、十分に楽しむことができた。

この映画は、昨年放送されていた小栗旬主演の同タイトルのドラマの続編である

映画の冒頭に解説があるので、ドラマを見ていない人でも大丈夫!

ドラマの続編と聞くと、ドラマを見ていない人は躊躇してしまうかもしれないが、心配不要だ。

映画が始まると同時に、今までの話の流れ、登場人物などを5分程度でわかりやすくまとめたものが流されるからだ。見る人のことをしっかり考えてあるな、と感心した。

ちなみは「信長協奏曲」はこんな感じの話だ。

「ひょんなことで戦国時代にタイムスリップした現代の高校生サブロー(小栗旬)が、自分と全く同じ顔をした織田信長(これも小栗旬)と出会う。そして病弱な信長と入れ替わり、サブローが信長として生きていくことに。本物の信長はなんと明智光秀となり、正体を隠してサブローの家臣となる。サブローは順調に統治を進め、天下統一も目前に迫った。」

映画では、安土城完成から本能寺の変までを扱う。つまり、話のメインは本能寺の変だ。偶然にも実際に起きた重要な出来事は史実とほとんど変わらないため、歴史が好きな人も話の流れについていけると思う。

面白要素が強い!

ギャグ要素ともいうべきか。私が笑ってしまった点は2つ。

1つ目は、サブローが極端な歴史オンチだということだ。歴史オンチゆえに本能寺の変で自分が明智光秀に殺される運命にあることを知らない。

そのことを、同じく未来から来た松永弾生久秀(古田新太)から聞かされたときの反応が面白かった。まあ本人は笑い事ではないのだが。

2つ目は、徳川家康を濱田岳が演じていることだ。私も歴史にあまり詳しくないので、家康の人物像はよく知らない。しかし、イメージがあまりに違う。女好きで頼りなく、江戸幕府など開きそうにない。

サブローと帰蝶の絆、深い愛が素晴らしい!

帰蝶(柴咲コウ)は信長の妻だ。サバサバしていて気が強く、とても美人だ。

憎まれ口を叩いているが、実はサブローのことを心から愛しているのが伝わってくる。

もうすぐで自分が死ぬことを伝えるサブロー。それを決して信じない帰蝶。悩んだ末、サブローは歴史を変え、帰蝶とともに生きる未来を約束する。

結末がどうなったか。それを書くことは控えるが、見る人の多くが感動することは間違いないと思う。

最後に

「映画を映画館で見る」というのは人によってはハードルが高いことだと思う。

わざわざお金を払って見に行って、つまらなかったら損をした気分になるからだ。

私もそうだ。しかし、この映画「信長協奏曲」はアタリだった。

どの映画を見るか迷っている人にはお勧めしたい。

信長協奏曲 Blu-ray BOX

 - 映画 ,