【スペシャルドラマ・ミステリー】 さよならドビュッシー【このミス大賞】

   


この作品の原作は、第8回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作である。

豪邸が舞台のこの作品は、なんとなく難しい話なのではと思ったが、全くそうではなく理解しやすかった。

ドビュッシーのピアノ演奏を楽しみながら見ることができた。

さよならドビュッシー (宝島社文庫)

簡単なあらすじ

ピアニストを目指している遙(黒島結菜)ルシア(上白石萌歌はいとこ同士。

遙はピアノの英才教育を受け、将来を有望視されているが、ルシアはそうではない。

それにもかかわらず2人はとても仲が良かった。ところが、突然の火事が2人を襲う。

これにより、ルシアは死に、遙は全身大やけどを負ってしまった。

顔は形成手術で元に戻ったが、心には大きな傷が残り、体は不自由になった。

そんな中、岬洋介(東出昌大)が遙の個人ピアノ教師となる。その後も遙の周りでは不可解な事件が勃発する。

果たして遙の運命は?岬は元検事の腕を発揮し、事件解決を試みる。

常識では考えられない真相にびっくり!

さずが「このミス大賞」をとっただけのことはある。

事件の真相は、私には思いつかないものだった。現実では決してありえない、フィクションだからこそ成立するものだと感じた。

しかし、そもそもミステリーは「物語として楽しむ」ことが重点に置かれるべきなので、あまり細かいことは考えなくていいのかもしれない。

それから事件を解決しようとする東出昌大がかっこ良かった。ファンは是非見て欲しい。

ひたむきに頑張る遙に感動!

全身火傷を負った遙は、以前のように演奏ができなくなっていた。

足も不自由になり、同級生からは嫌味を言われる。私だったらとても耐えられない。

過酷すぎる状況だと思う。しかし、遙はひたむきに練習を重ね、コンクールに挑む。

岬の存在も大きい。「大切なのは、君が誰であるかではなく、何をするかだ」その言葉を、岬は繰り返し遙に伝える。

遙の魂の演奏が人の心を動かした。テレビ越しで見ていてもとても感動した。

さよならドビュッシー 【DVD通常版】

最後に

今回はスペシャルドラマだから、きっと省略されている部分も多かったのだと思う。

それでも十分楽しめたので、原作はきっともっと面白い。近々読んでみようと思う。

また、映画化もされているらしいので、そちらも見てみたい。

さよならドビュッシー (宝島社文庫)

 - 映画