2016-04

読書感想

【辻村作品1冊目にオススメ!】辻村深月 冷たい校舎の時は止まる【衝撃のデビュー作!】

この作品は辻村深月のデビュー作である。 第31回メフィスト賞を受賞した。 辻村深月さんの作品は、世界同士が繋がっていることが多い。 だから、新しく辻村さんを読もうと思っている人は、このデビュー作からがおすすめである。 また、「ロードムービー」は「冷たい校舎の時は止まる」の続きの話である。それも合わせて読むと、2倍楽しめると思う。
読書感想

【登場人物の感情の揺れが眩しい学生時代!】辻村深月「太陽の坐る場所」【青春の眩しさ】

この物語は読む人の年代によって捉え方が違うと思う。 実際私も、初めて読んだ20歳前後の頃と今では印象が違う。 長いスパンで楽しめる1冊だと思う。買ってよかった。 この本の大きな軸は「高校時代の青春」だと思うが、辻村深月さん流のミステリー要素もふんだんに含んでいる。 「キョウコ」という人物にも注目して読んでみてほしい。
料理

【調理時間わずか5分!】超簡単 ピザトースト【ガッツリ系 美味しい】

先日購入したオーブントースターでピザトーストをつくってみました。 スリムオーブントースター TWINBIRD TS-D037PB とっても簡単!わずか5分で完成するガッツリ系ピザトーストです。 しかも本当に美味しい!ぜひ作ってみてください!
読書感想

【ネタバレ注意!まとめ】「白夜行」の雪穂=「幻夜」の美冬か?【同一人物?】

「白夜行」と「幻夜」。この2作は東野圭吾の作品で、姉妹作である。「幻夜」は「白夜行」の続編で、雪穂と美冬は同一人物ではないか?という噂が広まっている。 結論から言うと、「可能性は高いが、証拠はない」。私なりにそうだと思う点、違うと思う点がそれぞれある。それぞれを検証していきたいと思う。ネタバレありです。
読書感想

【ページをめくる手が止まらない!本格ミステリー】 東野圭吾「幻夜」【白夜行の後に】

「幻夜」は白夜行の姉妹作、続編と言われる本格ミステリー小説である。 単体でももちろん面白いが、白夜行のあとに読むことを強くお勧めする。 出版部数は約100万部で、深田恭子主演でドラマ化もされている。 「幻夜」読了後は「白夜行」と同じように、しばらく余韻に浸ってしまった。 謎が謎を呼び、先の展開が気になる小説で、美冬のその後も気になるので続編が読みたい。
映画

【ガリレオシリーズNo.1!】映画・ミステリー 容疑者xの献身【 天才と天才の対決】

この作品の原作は東野圭吾著で、第6回本格ミステリ大賞、第134回直木三十五賞を受賞している。 ガリレオシリーズの長編である。映画は福山雅治主演で、評判は上々。私も大好きな作品だ。 この作品はトリックも面白いし、メッセージ性も強い。 ガリレオシリーズの中で一番好きかもしれない。小説も映画もおすすめだ。
読書感想

【何度でも読み返したい人生の教科書】岸見一郎 古賀史健 嫌われる勇気【アドラー心理学】

今から1年ちょっと前、私はタイトルに惹かれてこの本を買った。 人は誰からも嫌われたくないに決まっている。出来ればいろんな人から好かれて生きていたい。 それなのに「嫌われる勇気」とはどういうことか。 この本を読むのは今回で2回目だ。初めて読んだときも心に沁みたが、この本は繰り返し読まれてこそその真価を発揮する。 1回で人生は変わらない。人はそれほどすぐには変われない。 本に書いてある「アドラー心理学」を心から理解し、自分のものにしていくためには今まで生きてきた年数の半分の年数を要するそうだ。
読書感想

【スケールの大きさにため息!】東野圭吾 白夜行【余韻に浸らずにはいられない】

私は「白夜行」を初めて読んだあと、しばらくの間余韻に浸らずにはいられなかった。 インターネットでいろいろな人の解釈を見てその世界にのめりこんだ。 本当に大好きな作品である。
買って良かったもの

際立つデザインが決め手【狭いスペースにも置ける】TWINBIRD TS-D037PB 【コンパクトなトースター】 

アマゾン、価格.comでの評価も高くオーブントースターとしての機能は十分なTWINBIRD TS-D037PB。 見た目もスタイリッシュで購入してよかったです。 狭いスペースにオーブントースターを置きたい人にはとってもおすすめです。 高級志向の方はバルミューダ スチームオーブントースターを。 コスパ重視の方はこちらで十分です。
映画

【映画・サスペンス】白ゆき姫殺人事件【ネット社会の闇】

「白ゆき姫殺人事件」は最後まで飽きることなく見られる、とても面白い作品だった。 菜々緒や井上真央の演技力も光っていた。 見た後にいろいろと深いことを考えてしまったが、ただ単に楽しんで見るというだけでも十分価値のある作品だと思う。
タイトルとURLをコピーしました