2016-05

読書感想

【SF好きは読まなきゃ損!】 タイムマシンのつくり方 広瀬正【傑作SF短編集!】

本作は30年以上前に出版された広瀬正さんのSF短編集である。「ザ・タイムマシン」は時間旅行の可否を論じるとても深い内容だった。「化石の街」は異次元もので、計算と想像が楽しい一方ぞっとしてしまう。「記憶消失薬」はどちらかというとコメディーだ。オチが好き。SFは大好きなので、広瀬さんの別の作品も是非読んでみたい。
子育て

【子育てのベースがわかる!】子どもを伸ばすかわいがり子育て 佐々木正美【子育ての参考に】

この本を書いた佐々木正美さんは、ベストセラー「子どもへのまなざし」の著者であり、言ってみれば子育てのプロだ。「子どもを伸ばすかわいがり子育て」を読むと、子どもを10歳までどう育てればいいのかがよくわかる。自分の中に「これだけは守る!」という子育てのベースをもつことが大事だと思う。子育ての参考になることは間違いない。
読書感想

【ネタバレ 女性がぶつかる壁を徹底追及!】エイジハラスメント 内館牧子【ある意味ホラー小説?】

「エイジハラスメント」は女性の生き方について長期的な視野で考えさせてくれる。 30代の女性はもちろん、すべての世代の女性に読んでもらいたい本だ。 そして男性にも。女性が何を考えて生きているのかがわかり、パートナーと接するときに参考になるだろう。
読書感想

【悩み多き中学生必読!】 森絵都 カラフル 【王道のファンタジー】

私はこの話を読んで6色に塗られたサイコロを思い浮かべた。 人にはいろいろな面がある。 誰もが優しさやずるさ、厳しさや真面目さ…いろいろな顔を持っている。 だからこそ、希望が生まれる。 読み終わったとき、「よし、頑張ろう」と思えた1冊だった。
タイトルとURLをコピーしました