読書感想

【スケールの大きさにため息!】東野圭吾 白夜行【余韻に浸らずにはいられない】

「白夜行」は累計200万部以上を売り上げた東野圭吾のベストセラー長編で、代表作の1つである。ドラマ化、映画化もされている。これほど世間の注目を集めるのも納得の作品で、私も何回もボロボロになるまで読み返した。 白夜行 (集英社文庫) あらすじ...
買って良かったもの

際立つデザインが決め手【狭いスペースにも置ける】TWINBIRD TS-D037PB 【コンパクトなトースター】 

我が家にはオーブンレンジはあるけどトースターがなかった。オーブンレンジでも一応パンは焼けるけど、余熱に時間がかかり面倒。忙しい朝にはとても無理。でも、トーストを食べたい・・・そこで今回トースターを購入しました。今回選んだのはこれ。 TWIN...
映画

【映画・サスペンス】白ゆき姫殺人事件【ネット社会の闇】

原作は人気作家、湊かなえである。漫画化もされている本作品の原作を私は読んだことがあり、とても面白かったのを覚えている。映画もシーンの切り替えなどのテンポがよく、とても面白かった。 白ゆき姫殺人事件あらすじ化粧品会社に勤める会社員三木典子(...
映画

【スペシャルドラマ・ミステリー】 さよならドビュッシー【このミス大賞】

この作品の原作は、第8回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作である。豪邸が舞台のこの作品は、なんとなく難しい話なのではと思ったが、全くそうではなく理解しやすかった。ドビュッシーのピアノ演奏を楽しみながら見ることができた。さよならドビ...
読書感想

【予想外の展開!】誉田哲也「あなたが愛した記憶」【ページをめくる手が止まらない ネタバレなし】

私がこの本を書店で手に取ったのは、タイトルが気に入ったからだ。「博士が愛した数式」も好きだった。2冊とも語呂がいい。タイトルにセンスがあると、ついつい中身も期待してしまう。そしてこの本「あなたが愛した記憶」は期待以上に私をワクワクさせてくれ...
読書感想

【自分のための涙?】辻村深月「ぼくのメジャースプーン」【人を思いやることの意味がわかる一冊!】

この話は、辻村深月シリーズの中で特に好きな話だ。「子どもたちは夜と遊ぶ」から2年後の話である。単体として私は大好きだが、順番に読むともっと面白い。 ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)簡単なあらすじ目をそらしたくなるような、うさぎ惨殺事件...
映画

【映画 ミステリー】  「リアル~完全なる首長竜の日~」【世にも奇妙な物語?】

この作品の原作は、第9回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作である。主演は綾瀬はるかと佐藤健。私は原作を読んでいないが、特に支障なく楽しむことができた。 リアル~完全なる首長竜の日~ スタンダード・エディション 簡単なあらすじ1年前...
映画

【映画 能年玲奈】 海月姫(くらげひめ)【オタクが限界を乗り超える!】

この映画は東村アキコの人気漫画「海月姫」の実写版だ。主演は能年玲奈。私は原作を読んだことがあるが、原作の雰囲気を壊さず、最後まで楽しんで見ることができた。簡単なあらすじオタクばかりが集まる天水(あまみず)館に住んでいるクラゲオタク、月海(能...
読書感想

【少しネタバレ】辻村深月 「子どもたちは夜と遊ぶ」【この真相にきっと驚く!】

この作品は、辻村深月さんの本にしては珍しく、猟奇的連続殺人を中心に展開される話だ。犯人は2人。1人はかなり早い段階でわかるので、「犯人は誰か」はそこまで重要ではない。犯人が語り手の場合も多い。読んでいると、彼の心情が全くまったく理解できない...
映画

【映画 時代劇】「信長協奏曲(コンチェルト)」信長の歴史を面白くアレンジ

先週、映画館で「信長協奏曲」を見てきた。最初から最後までとても面白く、十分に楽しむことができた。 この映画は、昨年放送されていた小栗旬主演の同タイトルのドラマの続編である。映画の冒頭に解説があるので、ドラマを見ていない人でも大丈夫!ドラマの...
タイトルとURLをコピーしました