森見登美彦

読書感想

【キュートで異色な恋愛小説!】森見登美彦 夜は短し歩けよ乙女 【間違いなく声に出して笑える】

「夜は短し歩けよ乙女」は2007年に山本周五郎賞を獲得した。同時に本屋大賞2位に選ばれているからすごい。私はタイトルだけ知っていたが、中身を全く知らなかったので、「どんなにすごい作品だろう」と期待に胸を膨らませながら読んだ。そして、この作品...
読書感想

【森見登美彦 のデビュー作!】森見登美彦 太陽の塔 【手放しで面白い一冊】

 私が森見さんの作品に初めて出会ったのは大学3年生か4年生の頃だ。 深夜アニメで「四畳半神話体系」が放送されていて、普段見ているアニメとは全く違う雰囲気であるそれに私は魅了された。普段決して使わないような難解な語彙を駆使しているのに関わらず...
タイトルとURLをコピーしました